専業主婦専用のカードローンの審査を通過するために必要なこと

在籍確認無し

最近ではサラリーマンのみならず、専業主婦でも消費者金融から簡単にお金の借り入れができるようになっています。

 

特に専業主婦専用のカードローンならば審査においても収入や職業の面でとやかく言われる心配がないので手続きも簡単です。

 

専業主婦ならではの悩みなどを理解してくれる窓口スタッフや電話相談オペレーターも配備しています。
そのため、カードローンに何ら知識のない場合でもゼロからきちんと分かりやすく説明してくれることでしょう。

 

ただし、専業主婦専用のカードローンといっても、審査の際には身分証明書年収証明書といった書類の提示が必要となります。

 

というのも、貸金業法で定められた総量規制の原則に従えば、
全ての消費者金融での融資は、その上限額が年収の3分の1までと定められています。

 

これを超える融資を行った際には、法により消費者金融が罰せられてしまうのです。

 

そのため、専業主婦専用のカードローンで審査をうまく通過するためには、
まずその申請者が企業の就労者ではないにしても、パートやアルバイトなどで
何らかの定期的な収入を得ていることが条件となります。

 

そしてなおかつ、その年収などを的確に証明するものを提示することが必要となるわけです。
この点をきちんとカバーした上で、審査手続きを迅速かつ手軽にクリアしていきたいものです。

 

専業主婦の方でお金を借りているのを内緒にしたいなら以下の銀行カードローンがオススメです。

楽天銀行スーパーローン
専業主婦向けのサービスが用意されています!

・実質年金利 :14.5%
・借入限度額 :最大50万円
・入会でもれなく楽天1,000ポイントをプレゼント!
・ネットだけでなく全国のATMで利用可能!

楽天銀行スーパーローンの詳細はコチラから

 

お金を借りる時の総量規制
@「総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けは禁止」
A「一社からの借入残高が50万円超となる貸付けには、年収などを証明する資料の提出が必要」
B「総借入残高が100万円を超える貸付けにも、年収などの資料の提出が必要」
上記のような規制を守る必要があります。
※ただし、この規制は消費者金融会社が対象であり、銀行系キャッシング会社からの借り入れに関しては対象外です。

返済計画が何よりも重要です!
不意にお金が必要になるケースは時々有りますよね。
正しい利用を行うに限り、キャッシングの行為自体に後ろめたさを感じる必要はありません。

 

ただ「借りる」前に「返す」計画(目途)がしっかりしていないと、
借りることはできません。借りることばかりに着目すると、もっと大変な事になります。

 

周りの家族に言いたく無い気持ちも状況もあるとおもいますが、
「借りる」と言う行為は「返済義務」と言った社会的な責任も負います。

 

もし事態が悪化した時に自分一人では収集がつかなくなって泥沼化してしまいます。
後々のためにもキャッシングする時は周りの方に相談した方が良いです。

 

↓↓職場電話確認なしでお金を借りたい時はコチラから↓↓

職場電話確認無し

>>職場電話確認なしでお金を借りれる会社の詳細はコチラから<<